本文へスキップ

英会話教室のご相談は英会話カフェ サンフラワーへ

電話でのお問い合わせは080-4359-2233

〒171-0014 東京都豊島区池袋

英会話カフェの英語なんでも相談室privacy policy

英語に関する勉強のお手伝いさせていただきます。

質問
ほとんどという意味のmostとalmostの使い方は同じでしょうか。






回答
almostとmostの違いについて解説します。

1.almostについて
副詞として使われるので、名詞に直接つけることはできません。
意味としては”ほとんど”という意味です。
主に‘100%’を意味する形容詞や副詞の前に使われることが多いです。
‘100%’を意味する形容詞や副詞は、
always=いつも、all=すべて、 everyday=毎日等です。
almostは形容詞としての用法ありません。

【例文】
I almost always get up at six in the morning.
(私はほとんどいつも6時に起床する)

Almost all the students didn’t finish the homework.
(ほとんどすべての生徒が宿題を終わらなかった。)

I go to the gym almost every day.
(私はほとんど毎日ジムに行く)

Almost all the young people like dogs.
ほとんどの若い人は犬が好きです。

Almost all the students hate homework.   
ほとんどの学生は宿題が嫌いです。

Almost all the Japanese people love sushi. 
ほとんどの日本人は寿司が好きです。



2. mostについて
’most’は、形容詞と代名詞の用法があります。
形容詞の場合は、名詞に直接ついて‘ほとんどの〜’と意味することができます。
Most young people like dogs. 
ほとんどの若い人は犬が好きです。

Most students hate homework.    
ほとんどの学生は宿題が嫌いです。

Most Japanese people love sushi  
ほとんどの日本人は寿司が好きです。

代名詞の場合は、” most of +名詞”として使用します。
Most of the young people like dogs.
ほとんどの若い人は犬が好きです。

Most of the students hate homework.   
ほとんどの学生は宿題が嫌いです。

Most of the Japanese people love sushi. 
ほとんどの日本人は寿司が好きです。


まとめ
■almost =almost+all, always, everyday など
副詞として使われるので、名詞に直接つけず、
all, always, everyday などと一緒に使うときが多いです。。


■most = most+名詞 / most of + 名詞
形容詞、代名詞として使われますので、“ほとんどの”という時は
most+名詞あるいは、most of 名詞 の形で使います。






質問一覧








こちらの英会話カフェ(英会話喫茶)では、国際交流イベントやパーティーも定期的に開催しています。東京都豊島区の池袋駅からすぐ近くです。アクセス最高♪